ガンバるタウン吹田会員規約

  • HOME »
  • ガンバるタウン吹田会員規約

ガンバるタウン吹田会員規約

第1章 総則

第1条(名称)
  当会は、「ガンバるタウン吹田」と称する。

第2条(事務所)
  当会の事務所は、大阪府吹田市吹田市泉町2丁目17−4に置く。

第3条(目的および事業)
  当会は、「ガンバ大阪」を応援する吹田に縁のある事業者間の交流、吹田に縁のある事業者から市民に向けた情報発信の促進、および、これらを通じて吹田の地域経済の発展に寄与することを目的とし、その目的に資するため、次の事業を行う。
(1)当会の会員(以下単に「会員」という)の親睦・交流を図る事業
(2)ウェブサイト「ガンバるタウン吹田」(以下「当ウェブサイト」という)を企画し運営する事業
(3)当会、会員および地域の情報を市民へ発信する事業
(4)市民または他の団体と当会または会員との交流、連携を図る事業
(5)市民に対し、「ガンバ大阪」への応援や「ガンバ大阪」を応援する事業への参加を促す事業
(6)前各号に関連する事業
(7)その他当会の目的を達成するため必要な事業

第2章 会員

第4条(構成員)
  当会は、当会の目的に賛同する個人または団体で、次条の規定により当会の会員となった者をもって構成する。

第5条(会員登録および承認)
1 会員となるには、所定の申込フォームに必要事項を記入して当会に申込みをし、当会の審査を受け、承認を得なければならない。
2 当会の審査の結果、承認を得られず会員となることができなかった者は、当該審査結果についての理由の開示請求、異議申立てをすることができず、また、当会は、当該審査結果に関し、何らの説明責任、損害賠償その他の責任を負わないものとする。

第6条(経費等の負担)
  会員は、当会の事業活動に経常的に生じる費用に充てるため、会員総会で定める所定の額を会員総会で定める期限までに支払う義務を負う。

第7条(会員の資格喪失)
  会員は、次の各号のいずれかに該当する場合は、その資格を喪失する。
(1)退会したとき
(2)除名されたとき
(3)死亡し、もしくは失踪宣告を受け、または、解散し、もしくは破産手続開始決定を受けたとき

第8条(退会)
  会員は、当会に届け出ることにより、いつでも退会することができる。

第9条(除名)
会員が、当会もしくは他の会員の名誉もしくは信用を毀損し、または当会の目的に反する行為をしたとき、または会員としての義務に違反したときは、当会の理事会の決議によりその会員を除名することができる。
2 前項の規定により会員を除名しようとする場合は、議決の前に当該会員に弁明の機会を与えなければならない。
  
第10条(著作権等)
1 会員は、当ウェブサイトに表示されうるSNSへの投稿、当会へ提供した情報その他のコンテンツについて、他の会員その他第三者の知的財産権その他の権利を侵害しまたは法律に違反するものではないことを保証する。
2 会員は、当ウェブサイトに表示されうるSNSへの投稿、当会へ提供した情報その他のコンテンツについて、当会が、媒体・期間等につき何らの制限なく無償で複製し、もしくは内容の一部を修正・要約・抜粋、画像・動画等のサイズの変更・切り抜き・加工等を行うこと、及び、第三者にこれらの行為を許諾することを予め承諾する。
3 会員は、当会および当会から権利を承継しまたは許諾された者に対して著作者人格権を行使しない。

第11条(会員名簿) 
当会は、会員の氏名または名称および住所等を記載した会員名簿を作成する。

第3章 サービス

第12条(サービス内容の変更等)
  当会は、当ウェブサイトに関し、会員に次のサービス(以下「本サービス」という)を提供する。
(1)会員の情報を当ウェブサイトに掲載すること
(2)当ウェブサイト内に他の会員との親睦・交流を図るためのSNSページおよび市民に対し情報を求めるためのSNSページを提供すること
(3)その他、これらに関連するサービス
2 当会は、会員へ事前に通知することなく、会員の承諾なしに、本サービスの内容を変更または廃止することができるものとする。

第13条(サービスの中断・停止・廃止)
  当会は、次の各号に該当する場合は、会員へ事前に通知することなく、会員の承諾なしに、必要な期間本サービスを中断もしくは停止し、または廃止することができるものとする。なお、これにより会員に損害が発生した場合、当会は何らの責任を負わないものとする。
(1)システムの保守、メンテナンス、工事等を行う場合
(2)天災地変、火災、戦争、暴動、騒動、労働争議もしくはこれに準ずる事態が発生した場合
(3)当会または当ウェブサイトを管理・運営もしくは構成する関連機関のシステムのトラブルが発生した場合
(4)当会または当ウェブサイトを管理・運営もしくは構成する関連機関が利用する電力の提供が中断された場合
(5)当ウェブサイトを構成するインターネットサーバーの上流ネットワークのトラブル等、インターネット回線に障害が発生した場合
(6)当会が中断、停止または廃止が必要と判断した場合
(7)その他、運用上ないし技術上必要な場合

第14条(免責等)
1 当会は、当ウェブサイトの内容、本サービスを利用したことにより発生または誘発された損害、当ウェブサイトによりもしくは本サービスを介して得られる情報自体の合法性および正確性について、一切の責任を負わないものとする。
2 当会は、当ウェブサイトに関しまたは本サービスにおいて、会員間または会員と第三者との間で生じたトラブルに関して、一切の責任を負わないものとする。
3 当会は、会員が提供する商品・サービス等が、他の会員もしくは第三者の権利を侵害し、または権利の侵害に起因した紛争が生じた場合、その侵害および紛争に対して何らの責任も負わないものとする。
4 会員は、当ウェブサイトに表示されうるSNSへの投稿、当会へ提供した情報その他のコンテンツについて、当会が不適切と判断した場合には、当会が当該会員に対して事前に通知をすることなく、当該会員の承諾なしに、かつ、理由を開示することなく、当会の裁量にて、当該コンテンツの削除を行うことがあることを予め承諾し、当該削除に対する理由の開示請求・異議申立をすることはできず、またこれに関し当会は当該会員および第三者に対し何らの責任も負わないものとする。
5 当会は、会員が本サービスの利用により、外部サイトまたは他事業者より何らかの処分を受けた場合等の損害について、何らの責任も負わないものとする。
6 当会は、当会または当ウェブサイト・サーバ・ドメイン等から送信されるメール・コンテンツ等にコンピュータウィルス等が含まれていないことを保証しないものとし、会員に生じた損害やトラブルに対して、一切の補償をせず、何らの責任を負わないものとする。
7 当会は、当ウェブサイトおよび本サービスにおける投稿・画像・動画等のコンテンツおよび情報等の確実な保存を保証するものではないものとし、会員は、自らコンテンツおよび情報等の消失に備えるものとする。

第15条(禁止事項)
 会員は、当会の活動、当会の会員としての活動、および当ウェブサイトならびに当会のサービスの利用に関し、次の各号に該当する行為をしてはならない。
(1)当会もしくは他の会員または第三者の知的財産権を侵害するおそれのある行為
(2)当会もしくは他の会員または第三者の財産・名誉・信用・プライバシーその他の権利を侵害するおそれのある行為
(3)他の会員または第三者との契約・規約等により禁止されている行為。
(4)真偽を問わず、当会もしくは他の会員または第三者を誹謗中傷するおそれのある行為
(5)特定の個人や法人の営業行為に重大な損害を与える表現、事実無根の一方的な主張等を含む投稿
(6)他の会員の役員もしくは従業員または第三者の個人情報(メールアドレス、住所、電話番号その他個人に関する情報をいう)を、当該個人の事前の承諾なく、他の会員または第三者に送付、送信、伝達、開示、提供、漏洩する行為、または複写、複製もしくは改変等する行為
(7)当会もしくは他の会員または第三者の著作物を、権利者の事前の承諾なく、他の会員または第三者に送付、開示、または複写、SNS等への投稿等をする行為
(8)コンピュータウィルスの送信、メール等への添付、またはハッキング等により、当会または当ウェブサイトもしくは本サービスの円滑な運営または他の会員の自由な行動を阻害するおそれのある行為
 (9)脅迫、わいせつ、名誉棄損、人権差別、犯罪行為、不法行為、その他公序良俗に反する行為
(10)当会または当ウェブサイトにおいて、政治活動、宗教活動、またはそれらに関連する行為を行うこと
(11)他人の氏名、アドレス等を使用し他人になりすまして本サービスを利用し、または当会のシステム、他の会員もしくは第三者の端末等に侵入する行為
(12)以下に該当し、もしくは該当すると当社が判断するコンテンツを当サービスに表示されうるSNSに投稿し、または当社もしくは他の会員もしくは当ウェブサイトの他の利用者に送信すること
・過度に暴力的または残虐な表現を含む情報
・コンピュータウィルスその他有害なコンピュータプログラムを含む情報
・当社、当ウェブサイトの他の利用者またはその他の第三者の名誉または信用を毀損する表現を含む情報
・わいせつな表現を含む情報
・差別を助長する表現を含む情報
・自殺、自傷行為を助長する表現を含む情報
・薬物の不適切な利用を助長する表現を含む情報
・反社会的な表現を含む情報
・チェーンメール等の第三者への情報の拡散を求める情報
・他人に不快感を与える表現を含む情報
・面識のない異性との出会いを目的とした情報
(13)当社のネットワークまたはシステム等に不正にアクセスし、または不正なアクセスを試みる行為
(14)当社、他の会員、当ウェブサイトの利用者その他第三者に不利益、損害、不快感を与える行為
(15)当会の許諾なく当会の名称を使用する行為。
(16)その他当会の目的に反する行為。

第16条(禁止行為への措置)
  当会は、会員が前条の各号の一つにでも違反すると判断した場合、会員に通知をすることなく、会員の承諾なしに、次の各号の措置の全部もしくは一部をとることができる。この場合、会員は、措置の理由の開示請求、異議申立はすることができず、またこれに関し、当会は何らの責任を負わないものとする。
(1)一時的な本サービスの利用停止(利用停止期間については、当会の自由な判断により決するものとする)
(2)本サービスを利用し得る地位の喪失
(3)投稿等のコンテンツまたは情報等の削除
(4)その他当会が必要と認める措置

第17条(権利帰属)
  当ウェブサイトおよび本サービスに関する知的財産権は全て当会または当会にライセンスを許諾している者に帰属しており、会員の本サービスの利用は、当ウェブサイトまたは本サービスに関する当会または当会にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではない。

第4章 会員総会

第18条(構成)
  会員総会は、全ての会員をもって構成する。

第19条(権限)
  会員総会は、次の事項について決議する。
(1)会員の除名
(2)入会金および会費
(3)役員の選任または解任
(4)事業計画および予算の承認ならびに変更
(5)事業報告および決算
(6)規約の変更
(7)解散および残余財産の処分
(8)事業の第三者への移転
(9)基本財産の処分
(10)その他会員総会で決議するものとしてこの規約で定められた事項

第20条(開催)
  会員総会は、定期総会として毎年度1回開催するほか、必要がある場合に開催する。

第21条(招集)
  会員総会は、理事会の決議に基づき理事長が招集する。
2 会員総会の招集通知は、総会の日時、場所、目的及び審議事項を記載した書面または電磁的記録により、会日の5日前までに、各会員に対して発する。

第22条(決議)
  会員総会における議決事項は、第21条第2項によってあらかじめ通知した事項とする。
2 会員総会の決議は、総会員の議決権の過半数を有する会員が出席し、出席会員の議決権の過半数をもってこれを行い、可否同数のときは、議長の決するところによる。
3 前項の規定にかかわらず、次の決議は、総会員の議決権の3分の2以上をもって行わなければならない。
(1)監事の解任
(2)規約の変更
4 理事または監事を選任する議案を決議するに際しては、各候補者ごとに第1項の決議を行わなければならない。過半数の賛成を得た理事または監事の候補者の合計数が第1項に定める定数を上回る場合には、候補者の中から得票数の多い順に定数の枠に達するまでの者を選任することとする。
5 第2項および第3項の規定にかかわらず、会員の全員が書面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときは、会員総会の決議があったものとみなす。

第23条(議決権)
  各会員は、各1個の議決権を有する。
2 会員は、書面もしくは電磁的記録をもって表決し、または当会の会員を代理人として表決を委任することができる。
3 前項の規定により表決した会員は、第22条第2項の規定の適用においては、総会に出席したものとみなす。
4 会員総会の議決について、特別の利害関係を有する会員は、その議事の議決に加わることができない。

第24条(議長)
  会員総会の議長は、その総会に出席した理事のなかから選出する。

第25条(議事録)
  会員総会の議事については、議事録を作成する。
2 前項の議事録には、議長および会員総会において選任された議事録署名人2名が記名押印する。

第5章 役員

第26条(定数)
 当会に次の役員を置く。
(1)理事 3名以上
(2)監事 1名以上
2 理事のうち1名を理事長とし、理事長以外の理事のうち2名を副理事長とする。

第27条(役員の選任)
  理事および監事は、会員総会において選任する。
2 理事長及び副理事長は、理事の互選による。

第28条(役員の任期)
 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
2 補欠として選任された役員の任期は、前任者の任期の満了する時までとする。
3 役員は、辞任または任期満了後において、定員を欠くに至った場合には、新たに選任された者が就任するまでは、その職務を行う権利義務を有する。

第29条(理事の職務および権限)
  理事は、理事会を構成し、職務を執行する。
2 理事長は、当会を代表し、その業務を総理する。
3 副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故あるときまたは理事長が欠けるときは。、理事長があらかじめ理事長が指定した順序によって、その職務を代行する。

第30条(監事の職務および権限)
  監事は、理事の職務の執行及び当会の財産の状況を監査する。

第31条 (取引の制限)
  理事が次に掲げる取引をしようとする場合には、理事会において、その取引について重要な事実を開示し、その承認を受けなければならない。
(1)自己または第三者のためにする当会との取引
(2)当会とその理事との利益が相反する取引

第6章 理事会

第32条(構成)
  理事会は、全ての理事をもって構成する。

第33条(権限)
  理事会は、次の事項について決議する。
(1)当会の業務執行の決定
(2)理事の職務執行の監督

第34条(開催)
  理事会は、次に掲げる場合に開催する。
(1)理事長が必要と認めたとき
(2)理事総数の2分の1以上から理事会の目的である事項を記載した書面により招集の請求があったとき

第35条(招集)
  理事会は、理事長が招集する。
2 理事長が欠けたときまたは理事長に事故があるときは、各理事が理事会を招集する。

第36条(決議)
  理事会の決議は、理事総数の過半数が出席し、その過半数をもって行う。可否同数のときは、議長の決するところによる。
2 前項の規定にかかわらず、理事が理事会の決議の目的である事項について提案をした場合において、当該提案につき理事の全員が書面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときは、当該提案を可決する旨の理事会決議があったものとみなす。

第37条(表決権)
  各理事の表決権は平等とする。
2 各理事は、書面もしくは電磁的記録をもって表決し、または他の理事を代理人として表決を委任することができる。
3 前項の規定により表決した正会員は、第36条第1項の規定の適用においては、理事会に出席したものとみなす。
4 理事会の議決について、特別の利害関係を有する理事は、その議事の議決に加わることができない。

第38条(議長)
  理事会の議長は、その会議に出席した理事のなかから選出する。

第39条(議事録)
  理事会の議事については、議事録を作成する。
2 前項の議事録には、議長及びその理事会において選任された議事録署名人2名が記名押印する。

第7章 計算

第40条(事業年度)
  当会の事業年度は、毎年2月1日から翌年1月31日まで の年1期とする。

第41条(事業計画および収支予算)
  当会の事業計画および収支予算については、毎事業年度ごとに理事長が作成し、会員総会の承認を得るものとする。これを変更する場合も、同様とする。
2 前項の規定にかかわらず、やむを得ない理由により予算が成立しないときは、理事長は、理事会の決議に基づき、予算成立の日まで前年度の予算に準じ収入支出することができる。
3 前項の収入支出は、新たに成立した予算の収入支出とみなす。
4 予算超過または予算外の支出に充てるため、予算中に予備費を設けることができる。ただし、予備費を使用するときは、理事会の決議を経なければならない。
5 予算成立後にやむを得ない事由が生じたときは、会員総会の決議を経て、規定予算の追加または更正をすることができる。

第42条(事業報告および決算)
  この法人の事業報告書および決算報告書は、毎事業年度速やかに理事長が作成し、監事の監査を受け、会員総会の承認を経なければならない。
2 決算上剰余金を生じたときは、次事業年度に繰り越すものとする。

第8章 解散

第43条(解散の事由)
  当会は、次に掲げる事由により解散する。
(1)会員総会の決議
(2)会員の数の著しい減少
(3)目的とする事業の成功の不能
 
第44条(剰余金の非分配)
  当会は、剰余金の分配は行わない。

第45条 (残余財産の処分)
  当会が解散するときに有する残余財産は、解散の時点で当会に属する会員に均等に分配する。

第9章 会員情報

第46条(会員情報の取り扱い)
1 当会は、会員から取得する会員に関する情報を、以下の各号の目的に利用する。
(1)当会への登録の受付・審査、会員名簿の作成・更新・変更
(2)当会の運営に関する通知、案内、問い合わせへの対応
(3)当ウェブサイトおよび本サービスに関する通知、案内、問い合わせへの対応
(4)当ウェブサイトおよび本サービスの提供、維持、保護および改善
(5)当会の行う事業に関する通知、案内、問い合わせへの対応
(6)本規約への違反が疑われる行為への対応
(7)前各号に関連する事項
2 当会は、会員に関する情報のうち、会員が当ウェブサイトでの公開を希望しないことを書面または電磁的記録により通知した情報については、個人情報保護法その他の法令に基づき開示が認められる場合を除くほか、予め当該会員の同意を得ないで、当該会員以外の第三者に開示しない。但し、以下の各号に掲げる場合はこの限りでない。
(1)当会が前項の利用目的の達成に必要な範囲内において会員の情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
(2)事業の承継に伴って会員の情報が提供される場合
(3)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、当該会員の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
3 会員は、当会が会員に関する情報を本条に定めるとおりに利用することについて、あらかじめ同意するものとし、異議を述べないものとする。
4 会員は、当会に登録された当該会員に関する情報について、開示、削除、訂正または利用停止の請求ができるものとし、当該会員からの請求であることが確認できる場合に限り、当会はこれに速やかに対応するものとする。

第10章 付則

第47条 
  この規約は、平成31年2月1日から施行する。
2 当会の設立当初の役員は次のとおりとする。
理事長  井谷智子
副理事長 奥長憲孝
副理事長 瀧川健一朗 
理事   東山慎一朗
理事   堀田裕二
理事   嶋貫哲治
理事   稲葉英基
理事   古川貴晃
理事   佐賀健太郎
理事   那須良太
監事   瓜生晴彦
3 前項の役員の任期は、当会の成立の日から平成33年1月31日までとする。

⇒ お申し込みフォーム

PAGETOP
Copyright © ガンバるタウン吹田 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.